大町の子ども流鏑馬(長野県大町市)

大町の子ども流鏑馬

行事の歴史及び内容

平安時代から戦国時代にかけてこの地を治めていた仁科氏によって、五穀豊穣の祈りとして続けられたものです。流鏑馬の由来は、承久3年(1221)後鳥羽上皇が北条義時追討の命令を出した時、院の西面の警護を仰せつかり、上皇に忠誠を誓った仁科盛遠が出陣に際し神前に流鏑馬を奉納し武運を祈ったことに始まったと伝えられています。また、京の都との関りの深かった仁科氏は、京都加茂神社の流鏑馬に造詣が深く、これを支配地であり故郷でもある大町に伝えたともいわれています。

天正10年仁科氏が滅びて後は、仁科神明宮の三神主のうちから一騎、仁科氏の分かれで宮奉行であった渋田見家から一騎、大町十人衆を代表して曽根原家より一騎、つごう三騎が出たもので、その後、宮本部落から一騎、渋田見家から一騎、大町十人衆のうちから交代で一騎を出すことに改め、維新に及んでいます。

この流鏑馬は、明治維新までは仁科神明宮と若ー王子神社とで共通して行っていたもので、旧暦6月16日には仁科神明宮で、翌17日には若ー王子神社のそれぞれの例祭において、同じ射手が行い、約2里の道のりを遠乗りしたわけです。それが維新後、神明宮にあっては祭事その他を百数十戸の氏子だけで奉仕する事となったため、経済的な事情からこの流鏑馬を続けることができず、廃絶のやむなきに至ったのです。その結果、若ー王子神社だけでこの流鏑馬を続けてきたのです。大町にあっては維新後、上仲町の伊藤重右衛門氏が、射手を一般氏子から選出することを提唱し、私費を投じて何騎もの流鏑馬の馬具や衣装等を購入し、各町内に寄贈され、現在のように若ー王子神社奉祝祭に、十町より十騎の流鏑馬が出場する大町流鏑馬の基を築かれました。

写真ご提供者

若一王子神社

開催時期

承久3年(1221)~ 旧暦6月16日~17日

開催場所

明治維新までは仁科神明宮と若一王子神社
以降は若一王子神社

行事に関する写真

昭和9年 大町駅前(現市営駐車場)に10騎勢揃い
明治42年 大黒町
明治43年 白塩町
大正2年 下仲町
大正3年 北原町
大正9年 三日町
大正13年 仁科町
昭和元年 上仲町
昭和6年 九日町
昭和8年 南原町
昭和12年 六九町

関連記事

  1. 秩父神社御神幸「御神馬奉納ノ儀」

    秩父神社御神幸「御神馬奉納ノ儀」

  2. サニツ浜カーニバル

    サニツ浜カーニバル

  3. 須賀神社秋祭奉納競馬神事・流鏑馬

    須賀神社秋祭奉納競馬神事・流鏑馬

  4. 1. 加賀美流譜伝八戸騎馬打毬

    加賀美流譜伝八戸騎馬打毬

  5. 石上神宮例祭(ふるまつり)

    石上神宮例祭(ふるまつり)

  6. 顔戸八幡神社祭礼

    顔戸八幡神社祭礼