東北

  1. 1. 加賀美流譜伝八戸騎馬打毬
    • 青森

    加賀美流譜伝八戸騎馬打毬

    加賀美流譜伝八戸騎馬打毬は、1827年八戸藩主南部信真公によって新羅神社改築落成を祝い奉納したのが始まりです。現在、打毬は全国で宮内庁、山形県豊烈神社、そして青森県八戸市の3ヶ所でのみ行なわれており、...

  2. チャグチャグ馬コ行進行事
    • 岩手

    チャグチャグ馬コ行進行事

    岩手県内では、馬を愛し、大切にする素朴な気持ちから、「馬」にちなんだ端午の節句に、農耕に疲れた愛馬を癒やし、無病息災を祈って馬の守り神である「蒼前神社」や「駒形神社」へお参りする風習「お蒼前参り」が生...

  3. 春の藤原まつり「源義経公東下り行列」
    • 岩手

    春の藤原まつり「源義経公東下り行列」

    兄頼朝に追われた義経主従が平泉にたどり着き、秀衡の出迎えを受けたという情景を再現したものです。騎馬武者、御所車、侍女ら総勢93人による平安絵巻そのままの雅やかな行列です。毎年、秀衡・義経・北の方など、...

  4. 子供騎馬武者・稚児行列  源頼義公・八幡太郎義家公騎馬武者行列
    • 岩手

    子供騎馬武者・稚児行列源頼義公・八幡太郎義家公騎馬武者行列

    今から凡そ950年前昔の平安時代後期、当地方は国史に残る戦乱の巷と化していた。いわゆる前九年、後三年の役である。この前後十二年間に亘る戦を終結させたのが陸奥守兼鎮守府将軍源頼義・義家親子であった。義家...

  5. 第44回東北馬力大会馬の里遠野大会
    • 岩手

    東北馬力大会馬の里 遠野大会

    遠野は古くから馬産地として栄え、馬と人間が共に住む「南部曲り家」や馬にまつわる文化を育んできました。 この馬力大会には、遠野市の地駄引き職人の技術が生きています。 昔から山林の多い遠野では、山で切...

  6. 全国やぶさめ競技第14回遠野大会
    • 岩手

    全国やぶさめ競技 遠野大会

    日本文化の一つである「やぶさめ」は、武士の作法である「弓術と礼法を基にした弓馬礼法」として、馬上における「実戦的弓術」として、そして、将軍家の誕生祈願に係る「神社奉納行事」として、脈々と受け継がれてき...

  7. 平庭闘牛大会 市指定無形民俗文化財「牛の角突き」
    • 岩手

    平庭闘牛大会 市指定無形民俗文化財「牛の角突き」

    久慈市山形町の闘牛の起源は、文献では明らかにされていないため不明ですが、昔は主に農耕用や荷物を運ぶ役牛として飼養されていました。その荷役牛を「南部牛」と言い、明治以降輸入されたアメリカ原産のショートホ...

  8. 第69回東北輓馬競技大会
    • 宮城

    第69回東北輓馬競技大会

    馬は古くから人と深い関わりを持っており、商業・流通の拠点であった涌谷町では運搬の手段として特に重要な役割を担っていました。しかし、時代の流れで現在はその姿を見る機会はほとんど無くなりました。 そうし...

  9. 政宗公まつり
    • 宮城

    政宗公まつり

    奥州の覇者伊達政宗公は,仙台青葉城へ移る前の12年間,血気盛んな青年時代を岩出山城で過ごしました。昭和39年,仙台青葉城に鎮座していた「政宗公平和像」が城山公園に移されたことを契機に、藩祖伊達政宗公の...

  10. 秋田県声良鶏比内鶏金八鶏展覧会
    • 秋田

    秋田県声良鶏 比内鶏 金八鶏展覧会

    秋田県声良鶏展覧会は第74回、秋田県比内鶏展示会は第62回、秋田県金八鶏展示会は第46回の開催を迎えております。 その歴史は、秋田県声良鶏保存会が昭和10年1月3日に、比内鶏保存会が昭和8年4月1日...