顔戸八幡神社祭礼

顔戸八幡神社祭礼

行事の歴史及び内容

300年ほど前から引き継がれている顔戸八幡神社祭礼は、毎年10月の上旬に開催されます。顔戸公民館から八幡神社境内まで、岐阜県美濃地方では珍しい「一角獣の獅子頭の舞」を先頭に、神馬、花馬、当人馬が続き、館が笛・太鼓を高らかに打ち鳴らしつつ行列が進みます。八幡神社の境内に集い、馬を走らせ奉納します。拝殿で宮司のお祓いの後、ご神体を収めた八角形の御神輿は、急傾斜の崖地をものともせず山頂の奥院まで担ぎ上げられ、祭りはクライマックスを迎えます。勇壮かつ壮麗さは他の地域では見られない祭礼行事です。

行事主催者

顔戸八幡神社祭礼保存会

開催時期

10月

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

顔戸八幡神社
アクセス
・名鉄広見線・顔戸駅から徒歩10分程度
・東海環状自動車道・可児御嵩ICから車で5分程度

行事に関する連絡先

行事開催に関する写真

行列出発
八幡神社参道を往く行列

関連記事

  1. 武雄供日の流鏑馬行事

    武雄供日の流鏑馬行事

  2. 高山流鏑馬

    高山流鏑馬(こうやまやぶさめ)

  3. 神事 飯盛宮当流流鏑馬

    神事 飯盛宮当流流鏑馬

  4. 伊陸天神祭

    伊陸天神祭

  5. 浦河町騎馬参拝

    浦河町騎馬参拝

  6. 八代妙見祭の神幸行事

    八代妙見祭の神幸行事