平国祭(へいこくさい)

行事の歴史及び内容

石川県七尾市の所口町にある気多本宮へ渡御する大規模な神幸祭で、現在は三月十八日から二十三日まで、羽咋・鹿島郡内の二市五町を回る。神輿の長い行列が早春の能登路を巡行し、一般には「おいで祭り」と呼ばれる。沿道には人々が集まり、神幸を迎える。「寒さも気多のおいでまで」といわれ、神が民衆の中においでになり一体となる能登の春祭りとして親しまれている。 注目したいのは、往路の二十一日、中能登町金丸の宿那彦神像石神社に一泊し、翌日同社の少彦名命が神輿に同座して七尾の気多本宮に赴き、一泊して祭典を営んでから帰途につくことである。気多大社の大国主神が少彦名命とともに能登を平定した往時をしのぶ行事だといわれている。

帰社した神輿は四月三日の例大祭まで拝殿に安置され、平国祭がそれまで連続していると伝える。例大祭には境内で蛇の目の的を神職が弓で射、槍で突き、太刀で刺す行事があり、祭神が邑知潟にすむ毒蛇を退治した状況を模したものだと説かれているが、古記録によれば、流鏑馬神事が歩射となったものであることが知られる。昭和六十三年からはその流鏑馬神事が四百五十年ぶりに復活され、古式に従って執り行われた。平国祭は気多大社鎮祭の由来を伝える重儀で、祭祀の性質としては祈年祭に属する。まことに大規模な渡御祭として全国的にも注目される。

行事主催者

平国祭実行委員会

開催時期

例年3月18日~3月23日
令和3年は新型コロナウイルス感染症予防対策として318日のみの開催となりました。

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

羽咋市~鹿島郡~七尾市

行事に関する連絡先

平国祭実行委員会 気多大社(けたたいしゃ)内
羽咋市寺屋町ク1-1

行事HPアドレス

https://keta.jp/

行事開催に関する写真

平国祭御巡幸
神馬、拝殿前にて
平国祭中に結婚式が執り行われた

平成26年3月22日

平国祭御発輦前

関連記事

  1. 出雲伊波比神社のやぶさめ

    出雲伊波比神社のやぶさめ

  2. 国指定重要無形民俗文化財『長崎くんち』の流鏑馬神事

    国指定重要無形民俗文化財『長崎くんち』の流鏑馬神事

  3. 吉保八幡やぶさめ

    吉保八幡のやぶさめ

  4. 御田祭

    田代神社の御田祭

  5. お潮井取り行列

    神事 飯盛宮当流流鏑馬

  6. 全国やぶさめ競技 遠野大会