日枝神社 流鏑馬まつり

日枝神社流 鏑馬まつり

行事の歴史及び内容

【歴史】
伝承によれば,第51代平城天皇の大同2年(807年),近江国坂本村鎮座日吉大社(比叡山鎮守)よりご神体を迎え,東城寺(東成寺)(延暦15年(796年)建立)の鎮守として,また五穀豊穣の作神として創建されたといわれる。境内には中世の遺物として,永生8年(1511年)奉納と刻まれた石灯籠があり,県の文化財に指定されている。
宝永5年(1708年)土浦藩領となり,正一位沢辺山山王権現の称号を贈られ,明治6年(1873年)周辺9カ村の総社として「日枝神社」となった。

【祭礼】
毎年4月の第1日曜日に例大祭・流鏑馬祭がとり行われる。古い記録では「右京記」に,永長元年(1096年)白河上皇がご覧になったことが記されている。
境内の馬場約150メートルに3つの的が立てられ,旧志築藩の弓の名手,市川将監が次々と鏑矢を射ていく。騎射は7回行われ,射た矢や的を皆争って持ち帰り,その年の豊凶を占ったり,魔よけにしたりする。農業の豊作を願う流鏑馬の行事は全国でも珍しく,大猿退治という物語性を持つという点でもあまり他に例を見ない。
近江坂本の日枝,東京赤坂の日枝と並んだ日本三大日枝流鏑馬まつりとして,千年の歴史を持つ,勇壮にして古式豊かな祭りである。平成6年(1994年)茨城県無形民俗文化財に指定された。

【流鏑馬の主役三人】
・一つ物(人身御供となる稚児)
・小神野従羅天(小田氏の代官として山の荘地方を治めていた人物)
・市川将監(旧志築藩の弓の名手)
※流鏑馬祭は現在も小神野従羅天・市川将監の子孫が代々務めている。

【大猿退治の伝説】
室町時代,山王権現のコウカの木(ねむの木)の根元に悪事をはたらく大猿が棲みつき,毎年人身御供を要求して村人を困らせていた。その大猿を小神野従羅天が見つけ,市川将監に退治を依頼した。将監は見事大猿を仕留め,村は平和になったという。

行事主催者

日枝神社流鏑馬保存会

開催時期

毎年4月の第1日曜日に開催

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

日枝神社
JR常磐線「土浦駅」より車で20分
常磐高速道路「土浦北インターチェンジより車で10分」

行事に関する連絡先

住所:〒300-4107 茨城県土浦市沢辺小野東城寺入会地127-1
電話:029-862-2815

行事HPアドレス

土浦市HP
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page001137.html
(一社)土浦市観光協会HPより
http://www.tsuchiura-kankou.jp/tanoshimu/event.html

行事開催に関する写真

弓の名手「市川将監」

境内の馬場(150m)を計7回走り抜ける市川将監

市川将監が弓を射る

境内の馬場(150m)3か所の的に向け騎射する様子

馬上の小神野従羅天

代官を務める小神野従羅天が大猿を見つけ退治する

一つ物人身御供となる稚児

大猿に人身御供を差し出す様子

関連記事

  1. 第37回 厚沢部町ばん馬大会

    第37回 厚沢部町ばん馬大会

  2. 稲佐神社流鏑馬神事

    稲佐神社流鏑馬神事

  3. 甲斐の勝山やぶさめ祭り

    甲斐の勝山やぶさめ祭り

  4. 住吉神社の流鏑馬

    住吉神社の流鏑馬

  5. 春日若宮おん祭

    春日若宮おん祭

  6. 神事 飯盛宮当流流鏑馬

    神事 飯盛宮当流流鏑馬