伊陸天神祭

伊陸天神祭

行事の歴史及び内容

伊陸天神祭は、毎年4月の第1日曜日に柳井市伊陸地区の氷室亀山神社で開催される、菅原道真を祀る祭事です。

この祭は約180年前(1840年代)に五穀豊穣を願い始まった伝統行事で、牛が主役の珍しい祭で通称「牛天神」とも呼ばれています。

まず社殿で神事が行われ、それに続いて御神幸行列が神社から約400メートル先の御旅所までの参道を往復します。行列は稚児が騎乗したお先乗り馬が先導し、約80名の氏子が旗、指物、大小筒などの奉物を捧げ、絢爛豪華に着飾った寄進牛が鞍に幟を立てて御網代輿を引き、子供みこしとともに練り歩きます。伊陸天神祭には、例年約100名の人々が訪れます。

伊陸天神祭はこのように、伊陸地区の住民一人ひとりが支え、江戸時代より受け継いで来た、地元民の行事です。

行事主催者

伊陸天神祭奉賛会

開催時期

4月の第1日曜日

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

山口県柳井市伊陸5441 氷室亀山神社
アクセス:JR山陽本線柳井駅より防長交通バス経由で約45分

行事に関する連絡先

〒742-0021 山口県柳井市柳井3714-1
電話:0820-23-3655
E-mail:info@kanko-yanai.com

行事HPアドレス

http://www.kanko-yanai.com

行事開催に関する写真

お先乗り馬
寄進牛寄進牛
御網代輿
旅所の儀

関連記事

  1. 境内流鏑馬神事

    若ー王子神社 流鏑馬神事

  2. 【狙いを澄まして】

    遠野郷八幡宮 こども流鏑馬大会

  3. 稲佐神社流鏑馬神事

    稲佐神社流鏑馬神事

  4. 串木野浜競馬大会

    串木野浜競馬大会

  5. 本郷はやし田

    本郷大花田植実演会

  6. 顔戸八幡神社祭礼

    顔戸八幡神社祭礼