賀茂競馬(かもくらべうま)

賀茂競馬(かもくらべうま)

行事の歴史及び内容

賀茂競馬の由来は遠く堀河天皇寛治7年(1093) 5月に遡る。

同年5月5日宮中の殿上人、女房達が左右に分かれて菖蒲の根合わせをした時、左方の人々は賀茂社へ右方の人々は石清水八幡宮に祈願し、左方の方が勝を得たのでその報賽(御礼)の為、競馬が賀茂社に奉納されるようになった。

爾来今日まで日本最古の伝統的な競馬として絶える事無く継続され、乗馬技術は「賀茂悪馬流」と称された。従って賀茂社が競馬発祥の地と称される所以でもある。

また源頼朝の時代に賀茂競馬を行う為に20カ所の荘園が寄進された事によって経済的基盤が確立された。今は荘園は無くなったが、当時の各荘園から寄進された形式だけが今日も残されている。

現在も5月5日当日は早朝より頓宮遷御、菖蒲の根合わせ等が賀茂県主同族会の乗尻により左右に分かれ行われ、引き続き舞楽装束を着け社頭に参進。勧盃、日形乗、月形乗、修祓、奉幣の儀の後、馬場にて順次競馳をする。これに先立ち5月1日には、5日の競馬に出場する馬足の優劣を定める足汰式(あしぞろえしき)が行われる。

数々の武将も見学したとされる競馬。天正2年には織田信長が自身の御馬を出馬されるにあたり、当神社の職中算用状(収支決算報告書)も古文書として残されており、920年以上もの歴史がある。

行事主催者

賀茂競馬保存会

開催時期

毎年5月5日

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

賀茂別雷神社内(かもわけいかづちじんじゃない)
京都市北区上賀茂本山339
■アクセス
京都駅より地下鉄烏丸線を利用し北山或いは北大路駅下車
北山駅より市バス4系統上賀茂神社行き→ 上賀茂神社前(御薗口町)下車
北大路駅より市バス37系統西賀茂車庫行き→ 上賀茂御薗橋下車→徒歩3分
市バス北3系統京都産大行き→ 上賀茂神社前(御薗口町)下車
上賀茂神社境内では大鳥居、一の鳥居を潜り目の前に広がる西側芝生で競馳が行われる。

行事に関する連絡先

お問い合わせ
〒603-8047
京都市北区上賀茂本山33 9
賀茂別雷神社(上賀茂神社)社務所:075-781-0011

行事HPアドレス

https://www.kamigamojinja.jp/

行事開催に関する写真

賀茂競馬練習風景
賀茂競馬5月1日 足汰式素駆
賀茂競馬5月1日 足汰式二頭駆
賀茂競馬5月5日 一番倭文庄
賀茂競馬5月5日 競馳
賀茂競馬 馬立 風景

関連記事

  1. 金沢百万石まつり

    金沢百万石まつり

  2. サニツ浜カーニバル

    サニツ浜カーニバル

  3. 白鬚神社大祭「流鏑馬祭り」

    白鬚神社大祭「流鏑馬祭り」

  4. 顔戸八幡神社祭礼

    顔戸八幡神社祭礼

  5. 吉川八幡宮当番祭

    吉川八幡宮当番祭

  6. 全国やぶさめ競技第14回遠野大会

    全国やぶさめ競技 遠野大会