高山流鏑馬(こうやまやぶさめ)

高山やぶさめ祭

行事の歴史及び内容

流鏑馬は鎌倉時代に始まり、国家安泰、五穀豊饒、悪疫退散を祈願する年占いで、今もこの願はこめられています。流鏑馬の語源は、騎射の一種で、疾走する馬上から鏑矢で的を射るので流鏑馬の字が使われています。日本における流鏑馬の起源は、白河天皇の御代、永長元年(1096年)に始めたと記録にあり、鎌倉初期の保元平治物語の中にも流鏑馬のことが出ています。四十九所神社を創建した伴兼行の孫、伴兼貞が長元9年(1036年)に肝付郡の弁済使になっていますが、高山で流鏑馬が始まったのはそれから100年位後になるようで、900年近い歴史があるとされています。流鏑馬の期日は、昔は10月19日の四十九所神社大祭日でしたが、現在は10月第3日曜日に行われています。

全国的に成人の射手が多い流鏑馬ですが、肝付町で行われる流鏑馬の射手は中学生が務め、毎年変わります。 8月の中旬に、中学2年生の生徒1名が射手として決定し、その後馬に乗るところから始まり、約1ヵ月の練習を経て本番を迎えます。 射手として決定された少年は、その年の町一番の大役を任せられ、受けるプレッシャーは計りしれません。射手を務める少年は、この中で保存会員の人たちや応援する人達に支えられ、また、様々な教えを受けて一回り大きく成長していくのです。

行事主催者

高山やぶさめ祭実行委員会

開催時期

毎年10月第3日曜日

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

四十九所神社前宮之馬場、高山河川敷広場
肝付町役場本所から徒歩4分

行事に関する連絡先

〒893-1402 鹿児島県肝属郡肝付町南方2643
高山やぶさめ祭実行委員会事務局
電話 0994-67-2116
E-mail syoukou@town.kimotsuki.lg.jp

行事HPアドレス

https://kimotsuki-town.jp/event/3114.html

行事開催に関する写真

令和3年度高山流鏑馬奉納(から走り)

コロナ対策として関係者のみで奉納。から走りの様子。

令和3年度高山流鏑馬奉納(1走目)

コロナ対策として関係者のみで奉納。1走目の様子。

令和3年度高山流鏑馬奉納(矢を射る瞬間)

コロナ対策として関係者のみで奉納。9本中8本の矢が命中。末広がりで一番よい結果とされる。

令和元年度流鏑馬

例年だと、沿道や神社の階段付近は見物人で埋め尽くされます。

ポスター

関連記事

  1. 坂下花馬まつり

    坂下花馬祭り

  2. 白鬚神社大祭「流鏑馬祭り」

    白鬚神社大祭「流鏑馬祭り」

  3. 野根八幡宮流鏑馬と名留川春日神社流鏑馬

    野根八幡宮流鏑馬と名留川春日神社流鏑馬

  4. 甲斐の勝山やぶさめ祭り

    甲斐の勝山やぶさめ祭り

  5. 伊陸天神祭

    伊陸天神祭

  6. 金沢百万石まつり

    金沢百万石まつり