お供馬の走り込み行事

お供馬の走り込み行事

行事の歴史及び内容

起源は、京都上賀茂神社葵祭の競馬会(くらべうまえ)に由来すると言われ、600年を超える歴史があり、昭和40年、愛媛県に無形民俗文化財の指定を受けました。

「お供馬の走り込み」は、毎年10月の第3日曜日に町内の加茂神社で秋季例大祭が開催され、正装された馬にお祭り用のくらや装飾具を身に付け、3歳から15歳までの少年が「乗子」となり、神社の鳥居から境内までの約300mを「ホイヤー、ホイヤー」の勇ましい掛け声と共に一気に駆け抜ける勇壮華麗な走り込み行事です。

行事主催者

今治市菊間町お供馬行事保存会

開催時期

毎年10月第3日曜日

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

加茂神社(今治市菊間町浜1989)

行事に関する連絡先

住所:〒799-2303 愛媛県今治市菊間町浜840番地
電話:0898-54-5310
E-mail:kikuma6@imabari-city.jp

行事HPアドレス

https://www.city.imabari.ehime.jp/(今治市のホームページ)
http://www.kamoj.sakura.ne.jp/ (加茂神社のホームページ)

行事開催に関する写真

顔見せパレード
海岸により潮ごりを行う
走り込み
走り込み

関連記事

  1. 住吉神社の流鏑馬

    住吉神社の流鏑馬

  2. 玉若酢命神社御霊会風流馬入れ神事

    玉若酢命神社御霊会風流馬入れ神事

  3. 高ボッチ高原観光草競馬大会

    高ボッチ高原観光草競馬大会

  4. 吉保八幡やぶさめ

    吉保八幡のやぶさめ

  5. 妻木八幡神社流鏑馬

    妻木八幡神社の流鏑馬

  6. 妻山神社流鏑馬

    妻山神社流鏑馬