相馬野馬追

相馬野馬追

行事の歴史及び内容

相馬野馬追は、平安時代中期平将門公が下総国葛飾郡小金ヶ原(現在の千葉県北西部)において野馬を敵兵に見立て騎馬で、追って捕らえた訓練をおこなったとされています。また、捕らえた野馬を神前に奉納しました。これが『野馬追』の始まりとされています。

その後、将門公を祖とする陸奥相馬氏がその伝統を受け継ぎ、陸奥国行方郡(現在の福島県南相馬市原町区)に下向してからも、年中行事として歴代の当主が明治時代になるまで行ってきました。明治時代以降は、相馬三社(太田・小高・中村)の祭礼として今日に至るまで絶やすことなく継承され、昭和53年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

現在は、7月最終土・日・月曜日の3日間開催されています。初日は、相馬三社でそれぞれ出陣式が行われ、ご本陣『雲雀ヶ原祭場地』を目指し進軍します。2日目本祭りでは、故事に倣い、陸奥浜街道新田川沿いに集結し、ご本陣に向け進軍する『お行列』、雲雀ヶ原祭場地では砂塵を巻き上げ疾走する『甲胃競馬』、上空に打ち上げられた旗を奪い合う『神旗争奪戦』と目白押しです。最終日には、野馬追本来の姿を現在に残す『野馬懸』が行われます。相馬三社のひとつ、相馬小高神社の境内に裸馬を追い込み、素手でとらえ神前に奉納し3日間にわたる相馬野馬追を締めくくります。

行事主催者

相馬野馬追執行委員会

開催時期

毎年7月の最終土日月
(本年は新型コロナウィルス感染症の影響により、規模縮小、無観客、関係者のみで執り行います。)

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

雲雀ヶ原祭場地 福島県南相馬市原町区
アクセス
・常磐自動車道南相馬ICより車で15分
・JR常磐線原ノ町駅より徒歩30分

行事に関する連絡先

住所:〒975-8686 福島県南相馬市原町区本町2-27
電話:0244-22-3064
E-mail:nomaoi@wing.ocn.ne.jp

行事HPアドレス

http://soma-nomaoi.jp/

行事開催に関する写真

お行列

約3kmの道のりを、約400騎の騎馬武者が練り歩き、雲雀ヶ原を目指します。

甲胃競馬

旗指物をなびかせながら、疾走する甲胃競馬。

神旗争奪戦

上空から舞い降りる御神旗(ごしんき)を奪い合う神旗争奪戦。

野馬懸(のまかけ)

素手でとらえた野馬を神前に奉納する古来より変わらず野馬追で行われる行事です。

関連記事

  1. 神事 飯盛宮当流流鏑馬

    神事 飯盛宮当流流鏑馬

  2. 日枝神社流 鏑馬まつり

    日枝神社 流鏑馬まつり

  3. 大和神社ちゃんちゃん祭り

    大和神社ちゃんちゃん祭り

  4. チャグチャグ馬コ行進行事

    チャグチャグ馬コ行進行事

  5. 高ボッチ高原観光草競馬大会

    高ボッチ高原観光草競馬大会

  6. 伊陸天神祭

    伊陸天神祭