武雄供日の流鏑馬行事

武雄供日の流鏑馬行事

行事の歴史及び内容

文治2年(1186年)平家討伐のため源頼朝が武雄神社に戦勝祈願を行ったところ、武雄神社の使いの白鷺に励まされて戦に勝つことができた。その礼として御教書を呈し勅使と共に使者を赴かせたところ、武雄領主が流鏑馬を奉納したことが始まり。

行事主催者

武雄流鏑馬保存会

開催時期

10月23日

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

武雄市図書館・歴史資料館 北側馬場

行事に関する連絡先

住所:〒843-8639 佐賀県武雄市武雄町大字昭和12-10
電話:0954-23-9237
E-mail:syoukoukankou@city.takeo.lg.jp

行事HPアドレス

http://www.takeo-kk.net/sightseeing/001307.php

行事開催に関する写真

武雄の流鏑馬行事

流鏑馬行事は 10月22日に前夜祭の宵のまつり(エイトウ)と、10月23日に流鏑馬が行われる。宵のまつり(22日)は武雄神社で荒踊りを奉納し、長持ちを青竹で叩き「エイトウ、エイトウ」と囃したてながら市街地を練り歩く。流鏑馬行事(23日)は流鏑馬行列が市街地をまわり、武雄神社前の馬場で流鏑馬奉射・競射を行う。

流鏑馬行列

雅な衣装を身にまとい市内を巡る姿は、華麗な鎌倉絵巻を思わせる。

流鏑馬競射

人馬一体となり、弓を射る姿は勇壮で圧巻である。

白鷺の舞

武雄神社の使いの白鷺の翼のように、大きく手を広げ馬場を駆け抜ける。

関連記事

  1. 稲佐神社流鏑馬神事

    稲佐神社流鏑馬神事

  2. 須賀神社秋祭奉納競馬神事・流鏑馬

    須賀神社秋祭奉納競馬神事・流鏑馬

  3. 住吉神社の流鏑馬

    住吉神社の流鏑馬

  4. 伊美別宮社 流鏑馬

    伊美別宮社 流鏑馬

  5. 馬駈神事

    馬駆神事(うまかけしんじ)

  6. 流鏑馬奉納行事

    吹上大汝牟遅神社の流鏑馬