全国やぶさめ競技 遠野大会

行事の歴史及び内容

日本文化の一つである「やぶさめ」は、武士の作法である「弓術と礼法を基にした弓馬礼法」として、馬上における「実戦的弓術」として、そして、将軍家の誕生祈願に係る「神社奉納行事」として、脈々と受け継がれてきました。

遠野における流鏑馬は、1334年、現青森県八戸市の櫛引八幡宮に根城南部氏第四代南部師行が奉納した流鏑馬が始まりとされ、現在も「遠野八幡宮」では南部流鏑馬神事がとり行われています。
全国やぶさめ競技遠野大会は、流鏑馬神事からの騎乗技術を学び、伝統を守りつつ、誰もが安全に楽しめるスポーツとして普及させ、馬に根ざした地域振興と馬文化の伝統を継承することを目的としています。

大会は、走路約190メートルで、幅約2.5メールのコースに、約55メートル間隔で3箇所の的を置いたコースで行われ、的中点数とタイムで競い合うため人馬一体となったスピード感は迫力満点です。また、出場者は、日本伝統の和装で出場することから華やかな衣装も見どころとなっています。

行事主催者

全国やぶさめ競技遠野大会実行委員会

開催時期

7月中旬

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

岩手県遠野市宮守町柏木平優遊広場
【列 車】JR釜石線 柏木平駅から徒歩5分
【自動車】釜石自動車道遠野宮守ICから7分

行事に関する連絡先

〒028-0592
岩手県遠野市中央通り9番1号
電 話 0198-62-2111
Email bajisin@city.tono.iwate.jp

行事開催に関する写真

オープニング

噴水が上がる中、吹き流しを持ってコースを疾走

団体戦

3名1チームが連なって走り、コース上の3つの的を射る

立射演武

参加選手全員が整列し、掛け声に合わせて一斉に的を射る

集合写真

全ての競技を終え、表彰式後に記念撮影

関連記事

  1. 妻木八幡神社流鏑馬

    妻木八幡神社の流鏑馬

  2. チャグチャグ馬コ行進行事

    チャグチャグ馬コ行進行事

  3. 綾競馬

    綾競馬

  4. 吾妻神社馬だし祭り

    吾妻神社 馬だし祭り

  5. 第44回東北馬力大会馬の里遠野大会

    東北馬力大会馬の里 遠野大会

  6. 武雄供日の流鏑馬行事

    武雄供日の流鏑馬行事