馬駆神事(うまかけしんじ)

馬駈神事

行事の歴史及び内容

神功皇后(息長足姫命)、摂政52年当地に着御され、10月中の卯之日(10月12日)に、凱旋祝賀の為に裸馬の競走を催され、住吉大神様に奉納されたのが、馬駈神事の始まりである。以降毎年10月12日に御例祭に続き実施するも、平成5年からは体育の日に変更、現在にいたる。

御例祭当日午後2時、頭に白い木綿の布を巻き尻尾に紙垂を付けた献馬、13頭が神社に集結する。手綱を引く氏子崇敬者は、首にお守り、手首に赤い布を付け待機する。

午後3時より祭典に続き、宮司が本殿より木鉾(神功皇后が捧持された木製の鉾)を捧持し、馬場に設けたお立ち台に著く。同時に、青竹を持った総代4人が鉾の四隅を警護し、日の丸の扇で始まりの合図をする。

先ず、代表馬か鉾の周囲を3回右回りし、馬場を3往復した後、待機馬が随時馬場へ駈け出す。約20Omの馬場を、氏子崇敬者が代わる代わる手綱を持ち、乗らずに馬と一緒に駈ける。

約40分続き、日の丸の扇の合図により宮司が本殿ヘ木鉾を安置し、馬駈神事の納めとなる。

かつて献馬は100頭以上とも伝えられているが、近年は減少し、現在13頭を維持する。

行事主催者

住吉神社馬駆神事保存会

開催時期

毎年10月

※変更・中止等の場合もありますので行事主催者にご確認ください。

開催場所

住吉神社
アクセス
・南海電鉄 千代田駅より緑ヶ丘行バス 神社前下車3分

行事に関する連絡先

住所:〒586-0094 大阪府河内長野市小山田町453 住吉神社内
電話:0721-52-5345

行事開催に関する写真

関連記事

  1. 子供騎馬武者・稚児行列  源頼義公・八幡太郎義家公騎馬武者行列

    子供騎馬武者・稚児行列源頼義公・八幡太郎義家公騎馬武者行列

  2. 宮崎神宮御神幸祭

    宮崎神宮御神幸祭

  3. お潮井取り行列

    神事 飯盛宮当流流鏑馬

  4. 春の藤原まつり「源義経公東下り行列」

    春の藤原まつり「源義経公東下り行列」

  5. 第37回 厚沢部町ばん馬大会

    第37回 厚沢部町ばん馬大会

  6. 石上神宮例祭(ふるまつり)

    石上神宮例祭(ふるまつり)